弱気の石橋を尻目に…毒舌冴える鈴木保奈美に“大黒柱”の貫禄

公開日: 更新日:

 女優の鈴木保奈美(48)が“オンナのすごみ”を増している。25日に都内で行われた仏映画「間奏曲はパリで」の試写会でのこと。

 主演女優イザベル・ユペール(62)について「年を取ったらこんな風になりたい」と無邪気に語った司会者に対し、鈴木は「50代だと思っていました」「でも映画だから実際にこうやってお会いしたら、それなりとは思いますけどね…」とまさかの辛口発言。

 おっとりとした笑顔は崩さず、「今はお金をかければ色んな技術がありますから」「私も色んなマジックをしていただいているので…」とさらりと言ってのけ、報道陣の笑いを誘っていた。

 鈴木の迫力は自信の表れでもある。2011年の女優復帰以降、仕事は順調そのもの。女優ギャラランキングにも食い込み、CM1本3000万円ともいわれている。この日も「子どもの手が離れた今、自分のやってみたいことにどんどん挑戦したい」と仕事への意欲を見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る