二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

都知事選を盛り立てた“石田純一騒動”とは何だったのか?

公開日:  更新日:

「タレント・女優」など2つの肩書を持つ芸能人が少なくない。芸能界に入った時は1つだったのが、いつの間にか2つになっている。最初の肩書が本来の仕事で次が新たに加わった肩書。2つ以上の肩書を持つ人を「マルチタレント」と呼ぶが、本当にマルチぶりを発揮しているのは北野武らごく少数。大半は本来の仕事よりも後発の仕事が主になっている傾向が強い。

「この人、歌手だったの? お笑いタレントと思っていた」と若者に驚かれる本業が歌手の女性もいるが、際立っているのが石田純一(62)だろう。現在の肩書も「俳優・タレント」とある。確かに、かつてはトレンディー俳優として活躍したが、「不倫は文化」発言をきっかけにタレント業にシフトチェンジ。イベントタレントの第一人者になった。

 十八番は家族ネタ。“元”から“現”まで妻・子供・祖父と家族ネタを提供してくれる。それも最近はネタも尽き食傷気味。次なる肩書を求めるかのように突然、都知事選に名乗りを上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る