秋ドラマでは“脇役”に 松嶋菜々子「主役縛り」解禁のウラ

公開日:  更新日:

 10月スタートのTBS連ドラ「砂の塔」に出演する女優・松嶋菜々子(42)が「主役から脇役に回されそうだ」というのでテレビ関係者がザワついている。代わって主役となるのは菅野美穂(39)。当初は「ダブル主演」という話だったらしいが、ここにきて急きょ、脇役に“降格”されたという。松嶋といえば、「主役」しか引き受けないことで有名だが、一体何があったのか。

 実はこの話には前段があって、松嶋は今クール、フジテレビの連ドラ「営業部長 吉良奈津子」にも出演している。つまり2クール続けて連ドラ出演ということ。これは松嶋にとって珍しいことで、家庭と仕事の両立を何より大事にする松嶋が2クール連続で出るのは出産後初めてのことだという。どうしてそこまでして……。

「これには所属事務所の売れっ子・井上真央(29)の動向が密接にからんでいます。以前から井上の独立話がささやかれてきましたが、いよいよこの秋に本格化する可能性が濃厚だからです。先日、亡くなった白川由美(享年79)を含めて、もともとの所属タレントが5人という少数精鋭でやってきたのに、そこから売れっ子の井上が抜けたのでは事務所の屋台骨に関わる。それでこれまで自分に課してきた禁を破ったのでしょう」(女性誌記者)

 ところが、間の悪いことに現在、フジで放送中の「吉良奈津子」は“打ち切り寸前”ともいわれる超低空飛行。TBSも「これでは松嶋の主演は無理」とみて、当初の「ダブル主演」を見送ったというわけだ。

 背に腹は、いや、貧すれば鈍すというべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る