• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋ドラマでは“脇役”に 松嶋菜々子「主役縛り」解禁のウラ

 10月スタートのTBS連ドラ「砂の塔」に出演する女優・松嶋菜々子(42)が「主役から脇役に回されそうだ」というのでテレビ関係者がザワついている。代わって主役となるのは菅野美穂(39)。当初は「ダブル主演」という話だったらしいが、ここにきて急きょ、脇役に“降格”されたという。松嶋といえば、「主役」しか引き受けないことで有名だが、一体何があったのか。

 実はこの話には前段があって、松嶋は今クール、フジテレビの連ドラ「営業部長 吉良奈津子」にも出演している。つまり2クール続けて連ドラ出演ということ。これは松嶋にとって珍しいことで、家庭と仕事の両立を何より大事にする松嶋が2クール連続で出るのは出産後初めてのことだという。どうしてそこまでして……。

「これには所属事務所の売れっ子・井上真央(29)の動向が密接にからんでいます。以前から井上の独立話がささやかれてきましたが、いよいよこの秋に本格化する可能性が濃厚だからです。先日、亡くなった白川由美(享年79)を含めて、もともとの所属タレントが5人という少数精鋭でやってきたのに、そこから売れっ子の井上が抜けたのでは事務所の屋台骨に関わる。それでこれまで自分に課してきた禁を破ったのでしょう」(女性誌記者)

 ところが、間の悪いことに現在、フジで放送中の「吉良奈津子」は“打ち切り寸前”ともいわれる超低空飛行。TBSも「これでは松嶋の主演は無理」とみて、当初の「ダブル主演」を見送ったというわけだ。

 背に腹は、いや、貧すれば鈍すというべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る