日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第7回>情報を扱う仕事は常にリスクがつきまとい信用を失ったメディアは消滅する

 他人を欺くセンスを持ったM記者は、数々の一流出版社を渡り歩く“ニュースの天才”だった。虚言を弄し他人を信じ込ませるサイコのような輩は、一定の割合で世の中にいる。大事なのはニセ情報を見極めることだが、言うほど簡単なことではない。

 組織にせよ個人にせ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事