正月ボケを吹き飛ばす…映画「ドント・ブリーズ」の衝撃

公開日: 更新日:

 正月明けも映画界は「バイオハザード ザ・ファイナル」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」といった大作が客足好調だが、「見えざる大ヒット作」が話題になっている。

 その名も「ドント・ブリーズ」(88分、アメリカ)。「死霊のはらわた」や「スパイダーマン」シリーズで知られるサム・ライミがプロデュースしたスリラー作品で、全国33館の小規模公開ながら10日間で興収1億円を突破。興収トップ10にこそ登場しないが、1館あたりの平均では「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を上回る記録的な数字をたたき出している。

「夏シーズンに公開された本国アメリカでは話題のアメコミ大作『スーサイド・スクワッド』を引きずりおろして全米1位となり、翌週もキープ。製作会社の予想を倍以上上回る興収を記録して業界を驚かせました。ホラー映画としては異例の大当たりですが、有名スターが出ているわけでもなく、ヒットの原動力はネットなどの口コミといわれています」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る