日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三池作品に出演直訴 遠藤憲一を変えた人生初の“モザイク”

 大河ドラマ「真田丸」で上杉景勝を好演するなど、今やドラマや映画では欠かせない俳優の遠藤憲一さん(55)。エンケンさんにとって、大きな転機となる出来事とは――。

 ◇  ◇  ◇

「ここでウンコしながら会話して」

 三池崇史監督がいきなりこう言うんですよ。映画「天国から来た男たち」(2001年)のフィリピンの刑務所でのロケの時。主演の吉川晃司さんと初めて会うシーンでした。

 一瞬、「えっ?」ですよ。だって台本にないんですから。でも、いただいた「海野」って男は不倫の末に傷害事件を起こした、キレやすくて破天荒な男なので、何でもありかな、と。人前で平気な顔してウンコすることで、海野の性格が一発で観客にわかるじゃないですか。それでズボンを脱いでお尻丸出し。さすがにモノは出さなかったけど拭くマネしてね。僕の人生で初のモザイクがコレでした(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事