映画宣伝の常識変えた 「この世界の片隅に」ヒットの背景

公開日:

 アニメ映画「この世界の片隅に」の勢いが止まらない。4日までの興行収入は3億5000万円で、観客動員数は32万人を突破。11月12日の公開時は63館だった上映館数も88館に広がり、今後さらに拡大する見込みだという。ミニシアター系の映画としては、異例のヒットとなっている。

 戦時中に広島・呉に嫁いだ18歳の主人公・すずの日常を描いた同作には、専門家からも最大級の賛辞が相次いでいる。映画評論家の町山智浩氏はラジオで、同作を“町山大賞”とした上で「本当に素晴らしい映画」と絶賛。ラジオパーソナリティーのライムスター宇多丸氏も「5000億点。日本映画史に残る大傑作」とべた褒めだ。

■SNS時代を象徴

 3日に発表された「ヨコハマ映画祭」では、今年大ヒットした「シン・ゴジラ」や「君の名は。」などを抑え、作品賞を受賞している。しかし、不思議なのは、これほど評判な映画にもかかわらず、地上波テレビなど大手メディアがほとんど取り上げないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る