日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画宣伝の常識変えた 「この世界の片隅に」ヒットの背景

 アニメ映画「この世界の片隅に」の勢いが止まらない。4日までの興行収入は3億5000万円で、観客動員数は32万人を突破。11月12日の公開時は63館だった上映館数も88館に広がり、今後さらに拡大する見込みだという。ミニシアター系の映画としては、異例のヒットとなっている。

 戦時中に広島・呉に嫁いだ18歳の主人公・すずの日常を描いた同作には、専門家からも最大級の賛辞が相次いでいる。映画評論家の町山智浩氏はラジオで、同作を“町山大賞”とした上で「本当に素晴らしい映画」と絶賛。ラジオパーソナリティーのライムスター宇多丸氏も「5000億点。日本映画史に残る大傑作」とべた褒めだ。

■SNS時代を象徴

 3日に発表された「ヨコハマ映画祭」では、今年大ヒットした「シン・ゴジラ」や「君の名は。」などを抑え、作品賞を受賞している。しかし、不思議なのは、これほど評判な映画にもかかわらず、地上波テレビなど大手メディアがほとんど取り上げないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事