“非常識ママ”松本伊代の尻拭いに奔走 夫ヒロミの正念場

公開日: 更新日:

 後悔先に立たずとはこのことだ。51歳元アイドルの無邪気過ぎる投稿は、松本伊代本人のみならず、夫で事務所社長のヒロミ(52)のタレント生命を揺るがす事態にまで発展している。

 コトの発端は先月13日、読売テレビ制作の旅番組「クチコミ新発見!旅ぷら」(日曜午前10時55分)のロケの合間に、松本と早見優(50)がJR山陰線の線路内に無断で侵入した様子を記念撮影。おまけにその写真を松本が公式ブログ「天使のバカ」にアップしたもんだから非難ゴウゴウとなり、今月10日には鉄道営業法違反容疑で京都府警右京署から書類送検された。翌11日には本人が涙の謝罪会見を開き、一緒にやらかした早見もあとに続いたが、2人がロケに参加した回はお蔵入り。現場を管轄するJR西日本がスポンサーともなれば当然だろう。

 12日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演したヒロミは、「悪意がなくても駄目なものは駄目」と妻の認識の甘さを諭した上で、「責任は最終的に全て僕にある」とこうべを垂れた。芸能界に返り咲いてからというもの、「うちのママは」と松本の天然をネタにしてきたが、この一件で今まで通りにはいかないというのが業界の見解だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る