大手プロに接触も 上重アナ“フリー転身”失敗で日テレ残留

公開日: 更新日:

 最近、テレビでその姿をほとんど見かけることがなくなった日本テレビの上重聡アナ(36)。一部週刊誌で“フリー転身”の動きがあると報じられたが、真相はどうなのか。

「何でも3月いっぱいで日テレを退職すべく、大手芸能プロに接触していたというんです。最終的には、元日テレで現在フリーアナの羽鳥慎一や同じくフリーの宮根誠司にも、いろいろと相談を持ち掛けていたらしい。ただ、結論から言って、上重アナは日テレを退職しません。昨年末に断念したが、今回報じられてしまい、本人が一番驚いているとか。フリー転身を報じた各メディアに対し、日本テレビ広報が強く抗議したようです」(芸能プロ幹部)

 かつては“ポスト桝太一”と称され、日テレの看板アナの座を約束されていた上重アナに、ある疑惑が持ち上がったのは15年4月。週刊誌で、某有力スポンサーから1億7000万円もの大金を無利子で借り、都内の高級マンションを購入していたことや、スポンサー会長名義の高級車を乗り回していたことなどが報じられたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る