日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

線路立ち入り書類送検 松本伊代“天然・非常識”エピソード

「伊代はまだ16だから~」と歌ってから35年。あのころと精神構造は変わっていなかったのか。

 線路内に無断で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたタレントの松本伊代(51)と早見優(50)。ともに「花の82年組」といわれ一世を風靡した2人だが、今回はあまりにも浮世離れした行動だった。

 伊代が自身のブログに線路内に立ち入った写真を掲載し、事態が発覚。直後にネット上で批判が殺到し、すぐさま写真を削除。ブログで謝罪に追い込まれた。市民からの“通報”を受け、京都府警も捜査を開始。2人は事情聴取を受け、書類送検に至ったわけだ。

■天然ぶりが災いか

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「線路内に無断で立ち入ること自体、もちろんいけないことです。しかし、それをはしゃいでブログに載せるのは、さらに恥ずかしいこと。とても50歳を過ぎた大人がやることではありません。ましてや、大きな2人の息子がいる伊代さんは注意する立場にある。『三つ子の魂百まで』と言いますが、伊代さんは16歳の時から、天然の性格が変わっていないのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事