線路立ち入り書類送検 松本伊代“天然・非常識”エピソード

公開日:  更新日:

「伊代はまだ16だから~」と歌ってから35年。あのころと精神構造は変わっていなかったのか。

 線路内に無断で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたタレントの松本伊代(51)と早見優(50)。ともに「花の82年組」といわれ一世を風靡した2人だが、今回はあまりにも浮世離れした行動だった。

 伊代が自身のブログに線路内に立ち入った写真を掲載し、事態が発覚。直後にネット上で批判が殺到し、すぐさま写真を削除。ブログで謝罪に追い込まれた。市民からの“通報”を受け、京都府警も捜査を開始。2人は事情聴取を受け、書類送検に至ったわけだ。

■天然ぶりが災いか

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「線路内に無断で立ち入ること自体、もちろんいけないことです。しかし、それをはしゃいでブログに載せるのは、さらに恥ずかしいこと。とても50歳を過ぎた大人がやることではありません。ましてや、大きな2人の息子がいる伊代さんは注意する立場にある。『三つ子の魂百まで』と言いますが、伊代さんは16歳の時から、天然の性格が変わっていないのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る