日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1年ぶりに連ドラ 水川あさみ「独立問題」から復活の裏側

 今やテレビで見ない日はないぐらい引っ張りダコのブルゾンちえみ(26)が女優デビュー!な~んて「めざましテレビ」で華々しく情報解禁がなされたのは14日のこと。古くさい芸名に前髪パッツンのオカッパ頭、目を強調したどぎついメークで見る者の心をざわつかせる“最旬”のピン芸人が出演するのは、4月期クールのフジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」(木曜22時)である。

 演じるのは主演の桐谷美玲(27)と四六時中ツルむ友人役で、チョイ役とはわけが違う。さらなる活躍が約束されたようなもんだが、実はブルゾン以上に「久々の好機」と目されている女優がいる。共演者の水川あさみ(33)だ。

 水川にとって、今作は1年ぶりの連ドラ出演。近年はドラマだけでも年に2~3本ペースでこなす売れっ子女優だったが、昨年4月にデビュー以来、17年間在籍していた事務所を辞めたのを機に仕事が激減。過去に独立問題で事務所とゴタゴタしたタレントの末路がそうであったように、水川も干された状態だったが、なぜ、今回の復活劇となったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事