日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

独立後は露出激減 水川あさみ“正念場”で迎えるドラマ復帰

 女優の水川あさみ(33)が1年ぶりにドラマに“復帰”する。4月スタートのフジテレビ系の連ドラ「人は見た目が100パーセント」(木曜夜10時)に出演予定で、女子力ゼロの“理系女子(リケジョ)”を演じるという。主演は桐谷美玲で、水川はその同僚役だ。

 水川は昨年4月に、デビュー以来17年間にわたって所属した事務所から独立。ドラマの出演は昨年3月が最後で、映画は昨年8月に公開された「後妻業の女」のみ。独立前は“演技派”としてテレビや映画に引っ張りだこだったが、独立後は露出が激減していた。

「独立にあたっては、元モデルの水川の母親が、マネジメントに口を出してきたとのウワサもあった。当時、前事務所の後輩の大東駿介との交際も報じられていて、ゴールイン間近とも言われた。いろいろ“いわくつき”の独立だったんです」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事