ジョビジョバ木下明水さん語る 熊本でお坊さんになるまで

公開日:

 1990年代に一世を風靡したコントユニット「ジョビジョバ」。明治大学の演劇サークルをルーツに、6人のメンバーが独特な世界観のコントを繰り広げ、バラエティー番組に引っ張りだこだった。02年に活動を休止したが、この5月から活動を再開。メンバーの一人、木下明水さん(45)は今、どうしているのか?

「熊本県八代市の実家・浄土真宗本願寺派勝明寺に戻ってお坊さんになったのは12年前の05年です。副住職として布教と法務を務めてきました」

 JR九州新幹線・新八代駅から南西へ約5キロ。住宅が立ち並ぶ金剛地区にある同寺を訪ねると、木下さんが袈裟姿でにこやかに迎えてくれた。

「『ジョビジョバ』の活動休止後、メンバーはそれぞれの道を歩み、坂田聡さん、長谷川朝晴さん、六角慎司さんは俳優として、リーダーのマギーは俳優そして脚本家として活躍中です。僕はホリプロと契約し、俳優やラジオパーソナリティー、構成作家をやっていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る