• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョビジョバ木下明水さん語る 熊本でお坊さんになるまで

 1990年代に一世を風靡したコントユニット「ジョビジョバ」。明治大学の演劇サークルをルーツに、6人のメンバーが独特な世界観のコントを繰り広げ、バラエティー番組に引っ張りだこだった。02年に活動を休止したが、この5月から活動を再開。メンバーの一人、木下明水さん(45)は今、どうしているのか?

「熊本県八代市の実家・浄土真宗本願寺派勝明寺に戻ってお坊さんになったのは12年前の05年です。副住職として布教と法務を務めてきました」

 JR九州新幹線・新八代駅から南西へ約5キロ。住宅が立ち並ぶ金剛地区にある同寺を訪ねると、木下さんが袈裟姿でにこやかに迎えてくれた。

「『ジョビジョバ』の活動休止後、メンバーはそれぞれの道を歩み、坂田聡さん、長谷川朝晴さん、六角慎司さんは俳優として、リーダーのマギーは俳優そして脚本家として活躍中です。僕はホリプロと契約し、俳優やラジオパーソナリティー、構成作家をやっていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る