ジョビジョバ木下明水さん語る 熊本でお坊さんになるまで

公開日:

 1990年代に一世を風靡したコントユニット「ジョビジョバ」。明治大学の演劇サークルをルーツに、6人のメンバーが独特な世界観のコントを繰り広げ、バラエティー番組に引っ張りだこだった。02年に活動を休止したが、この5月から活動を再開。メンバーの一人、木下明水さん(45)は今、どうしているのか?

「熊本県八代市の実家・浄土真宗本願寺派勝明寺に戻ってお坊さんになったのは12年前の05年です。副住職として布教と法務を務めてきました」

 JR九州新幹線・新八代駅から南西へ約5キロ。住宅が立ち並ぶ金剛地区にある同寺を訪ねると、木下さんが袈裟姿でにこやかに迎えてくれた。

「『ジョビジョバ』の活動休止後、メンバーはそれぞれの道を歩み、坂田聡さん、長谷川朝晴さん、六角慎司さんは俳優として、リーダーのマギーは俳優そして脚本家として活躍中です。僕はホリプロと契約し、俳優やラジオパーソナリティー、構成作家をやっていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る