転機は2年前 “あやまんJAPAN”あやまん監督は事務所社長に

公開日: 更新日:

 2010~11年ごろ、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」などとワケのわからない歌を歌いながら下品に踊る、女性宴会盛り上げ集団“あやまんJAPAN”がテレビを賑わせていた。あまりのお下劣さにアッケにとられたものだが、最近、見かけない。グループを率いていたあやまん監督(37)、今どうしているのか。

 東京メトロ・茅場町駅そばにある日刊ゲンダイのオフィスにラフな白いTシャツ、キャップ姿でやって来たあやまん監督、「ちょっと着替えていいですか?」と言ってバッグから取り出したのは、清楚系の花柄のワンピース。

「婚活中なんで、こっちで写真を撮ってもらいたくて」

 おや、お下劣路線から方向転換か。

「いえ、相変わらず、下品な宴会芸はやってますよ。ワタシたちはもともと六本木で飲んで騒いでいた素人に毛が生えただけのような集団。ブームが終わってからは活動休止状態で静かに暮らしてましたけど、2年前、『有吉反省会』(日本テレビ系)っていうバラエティーに出て有吉(弘行)さんや視聴者の方に励ましていただいたのをきっかけに、所属してた芸能事務所をやめ、『あやまんJAPAN株式会社』を立ち上げ、ワタシは代表取締役社長として新しいメンバーを集め、またガンバってます。原点回帰、ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る