• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
薬丸岳
著者のコラム一覧
薬丸岳

1969年、兵庫県生まれ。05年「天使のナイフ」で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。16年「Aではない君と」で吉川英治文学新人賞を受賞。

連載小説<1> 錦糸警察署からすぐ来いと電話が…

 トイレを出て部屋に向かっていると、壁越しにスマホの着信音が聞こえた。
 ホー・ヴァン・クエットは慌ててドアにかけたダイヤル式の南京錠を外し、部屋に入った。すぐにテーブルの上に置いたスマホをつかむ。登録していない番号からの着信だ。
「はい、もしもし……」クエットは電話に出た。
「ケイシチョウのスギハラと申しますが、ホー・ヴァン・クエットさんの電話でよろしいでしょうか」
 男性の声が聞こえたが、ケイシチョウという言葉が頭の中で変換できない。
 自分の電話であることは間違いないので、とりあえず「はい、そうです」と答えた。
「ケイサツツウヤクニンの登録をされていますよね」
 相手の言ったケイサツツウヤクニンという言葉を頭の中で何度か唱える。警察通訳人と変換でき、ようやく相手の素性と用件を理解した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事