飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

出川哲朗伝説 「カミカミトーク」こそが真骨頂

公開日: 更新日:
どっちに転がっても…(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。先日、〈10歳と6歳の姪っ子がピアノを弾けるようになった!〉と、新聞の大スクープ並みの触れ込みで彼女たちの演奏会がスカイプを通して行われ、まぁ途中、止まったりしてスムーズにはいかなかったんですが、うまくいこうが失敗しようが、カワイイ。もう動く…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  7. 7

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る