• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東北で語り継がれる元SMAP草彅剛の“神対応”エピソード

 博多で昨年7月に約7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、逮捕された容疑者のものとみられるフェイスブックに、NEWSの手越祐也(29)と一緒に写った画像が載せられていた件で、所属のジャニーズ事務所は手越本人と認めた。

 事務所のヒアリングに対し手越は店でたまたま一緒になったと説明し、「軽率だった」と釈明。ジャニーズ事務所ではサインや写真撮影を求められても原則断るように所属タレントに指導しているというが、手越をはじめ若いタレントは指導が徹底できておらず、今回のような“事件”が起きるたびに事務所幹部は頭を抱えているという。

 若手の意識が低い中、ある東北の地方都市でのファンに対する“神対応”が語り草になっているのが元SMAPの草彅剛(42)だ。

「うちの方には草彅の親戚が住んでいて、今から数年前ですがキャップにマスク姿で新幹線を待っている時に高校生から写真撮影をせがまれたそうです。草彅は『うちの事務所、写真ダメなんだよね。ごめんね』とやんわり断り、その場にいた高校生数人と談笑。最後は握手をして気持ちよく別れたそうで、地元では広く知られる話になった」(地元住民)

 東北で語り継がれる草彅のリアル“いいひと。”エピソードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る