キムタク「月9消滅」で秋以降の予定白紙…フジ社長退任で

公開日:

 SMAP解散以来、ツキというツキに見放されているのが木村拓哉(44)だ。今年1月に主演したTBSドラマ「A LIFE~愛しき人~」の平均視聴率は14・5%で何とか面目を保ったものの、GW中に公開された映画「無限の住人」は厳しい結果に。さらには、出演が内定していた今年10月のフジテレビの月9ドラマへの出演が取りやめになったというから、事態は深刻だ。

「タイトルも共演者も決まっていたドラマ企画が、突然、流れてしまったんです。現在、天海祐希と篠原涼子の2人に出演を打診し、キャスティングした役者陣はそのまま横すべりしてもらう方向で調整中です」(テレビ制作会社関係者)

 キムタク主演が流れてしまった理由は、フジテレビ内の強力な“後ろ盾”を失ったからだという。キムタクを猛プッシュしていた亀山千広社長が日枝久会長と共に退任することを発表したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る