数年でキャラ豹変? 武井壮にささやかれる“セレブ化”の噂

公開日:

 GWに“文春砲”を浴びたのがタレントの武井壮(44)。前の彼女とは金銭問題で裁判にまでなっていることなどが報道され、さわやかスポーツマンのイメージがズタズタになっているが、それ以前からテレビで見せる姿とは対照的な一面が自宅近所で目撃されていたという。

「武井は西麻布近辺のタワーマンションに住んでいて、1~2年前までは界隈で散歩したり買い物したりする姿がよく見られました。テレビで見るキャラクターそのままで、服装もタンクトップのまま。道行く人なら誰でも“こんにちは!”と挨拶していたものです」(近隣住民)

 夜になるとトレーニングの一環で、六本木と西麻布の間で坂道ダッシュ。その時でも話し掛けられたらトレーニングを中断し、「ありがとうございます。武井壮です。今後もよろしくお願いします!」と握手するほど。相手が酔っぱらいのサラリーマン集団でも一人一人握手するなど、「まるで選挙運動中の政治家のようでした」と別の近隣住民は明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る