数年でキャラ豹変? 武井壮にささやかれる“セレブ化”の噂

公開日: 更新日:

 GWに“文春砲”を浴びたのがタレントの武井壮(44)。前の彼女とは金銭問題で裁判にまでなっていることなどが報道され、さわやかスポーツマンのイメージがズタズタになっているが、それ以前からテレビで見せる姿とは対照的な一面が自宅近所で目撃されていたという。

「武井は西麻布近辺のタワーマンションに住んでいて、1~2年前までは界隈で散歩したり買い物したりする姿がよく見られました。テレビで見るキャラクターそのままで、服装もタンクトップのまま。道行く人なら誰でも“こんにちは!”と挨拶していたものです」(近隣住民)

 夜になるとトレーニングの一環で、六本木と西麻布の間で坂道ダッシュ。その時でも話し掛けられたらトレーニングを中断し、「ありがとうございます。武井壮です。今後もよろしくお願いします!」と握手するほど。相手が酔っぱらいのサラリーマン集団でも一人一人握手するなど、「まるで選挙運動中の政治家のようでした」と別の近隣住民は明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る