数年でキャラ豹変? 武井壮にささやかれる“セレブ化”の噂

公開日:

 GWに“文春砲”を浴びたのがタレントの武井壮(44)。前の彼女とは金銭問題で裁判にまでなっていることなどが報道され、さわやかスポーツマンのイメージがズタズタになっているが、それ以前からテレビで見せる姿とは対照的な一面が自宅近所で目撃されていたという。

「武井は西麻布近辺のタワーマンションに住んでいて、1~2年前までは界隈で散歩したり買い物したりする姿がよく見られました。テレビで見るキャラクターそのままで、服装もタンクトップのまま。道行く人なら誰でも“こんにちは!”と挨拶していたものです」(近隣住民)

 夜になるとトレーニングの一環で、六本木と西麻布の間で坂道ダッシュ。その時でも話し掛けられたらトレーニングを中断し、「ありがとうございます。武井壮です。今後もよろしくお願いします!」と握手するほど。相手が酔っぱらいのサラリーマン集団でも一人一人握手するなど、「まるで選挙運動中の政治家のようでした」と別の近隣住民は明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る