フジ新人アナ火花 久慈暁子&海老原優香に強烈ライバル心

公開日:

 ピン芸人・おばたのお兄さん(29)との熱愛を明かし、「公認カップル」の称号を得たフジテレビの山崎夕貴アナ(29)。週刊誌のアナウンサー好感度ランキングでは同局トップの9位にランクインする人気アナがこうもあっさりと交際を認めた背景には、ぶっちゃけキャラと結婚適齢期を考えた上でのことだろう。

 そのフジテレビ、アナウンス室には着実に世代交代の波が押し寄せている。

「今年の新人は2人ともレベルが高く、山崎アナはおろか、久々の加藤綾子アナクラスの大型新人として期待されています」(フジ関係者)

 なかでも、青山学院大学出身でファッション誌「non―no」の専属モデルだった久慈暁子(22)は頭一つ抜きんでた存在だ。入社前から日本ハムの大谷翔平と地元(岩手県奥州市)が一緒でスポーツ紙で対談デビューを飾っているが、フジ社内報の新人社員紹介では、旭化成グループのキャンギャルを務めたことで〈5秒で誰とでも仲良くなれる自信がある〉とし、チャームポイントは〈大きな黒目とリスのような大きな前歯〉と愛くるしさをアピール。学生時代はモデル事務所に属しており、「奥州市長の大のお気に入りで、青年団のイベントや催事などちょくちょくゲストとして呼ばれていた」(地元紙記者)というから、オヤジキラーの才能も実証済みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る