フジ新人アナ火花 久慈暁子&海老原優香に強烈ライバル心

公開日: 更新日:

 ピン芸人・おばたのお兄さん(29)との熱愛を明かし、「公認カップル」の称号を得たフジテレビの山崎夕貴アナ(29)。週刊誌のアナウンサー好感度ランキングでは同局トップの9位にランクインする人気アナがこうもあっさりと交際を認めた背景には、ぶっちゃけキャラと結婚適齢期を考えた上でのことだろう。

 そのフジテレビ、アナウンス室には着実に世代交代の波が押し寄せている。

「今年の新人は2人ともレベルが高く、山崎アナはおろか、久々の加藤綾子アナクラスの大型新人として期待されています」(フジ関係者)

 なかでも、青山学院大学出身でファッション誌「non―no」の専属モデルだった久慈暁子(22)は頭一つ抜きんでた存在だ。入社前から日本ハムの大谷翔平と地元(岩手県奥州市)が一緒でスポーツ紙で対談デビューを飾っているが、フジ社内報の新人社員紹介では、旭化成グループのキャンギャルを務めたことで〈5秒で誰とでも仲良くなれる自信がある〉とし、チャームポイントは〈大きな黒目とリスのような大きな前歯〉と愛くるしさをアピール。学生時代はモデル事務所に属しており、「奥州市長の大のお気に入りで、青年団のイベントや催事などちょくちょくゲストとして呼ばれていた」(地元紙記者)というから、オヤジキラーの才能も実証済みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る