テレ東躍進のワケ…卓球&テニスが結実、地方アナも続々と

公開日: 更新日:

 テレ東の勢いがすごい。先週(5月29日~6月4日)のゴールデン帯(午後7~10時)の平均視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。日本テレビ、TBSに次ぐ民放キー局3位になったのだ。1964年の開局以来、初の快挙に局内からはこんな声が聞こえてくる。

「昨年秋に社屋を最新タワーに移転したときは、身の丈に合わない高額なテナント代のせいで“引っ越し費用が足りないらしい”といった自虐ネタが飛び交っていましたが、それも嘘のようです」(テレ東関係者)

 躍進の原動力となったのが「世界卓球」と「全仏オープンテニス」だ。「テレ東スポーツ祭」と銘打ち、日本勢が躍進する白熱の試合をダブル中継したことにある。世界卓球は05年から、全仏は1983年から2007年にかけて放送してきた同局十八番のコンテンツ。いずれも終了時間が読めない放送局泣かせの競技だが、それでも放送を続けてきた努力と苦労が実を結んだ結果だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る