軍用地を運用 “資産1億円”今井絵理子議員の手堅い財テク

公開日: 更新日:

 資産形成に関しては意外と手堅いらしい――。「週刊新潮」に“略奪不倫”をすっぱ抜かれた今井絵理子参院議員(33)。

「一線は越えていない」と、ドロ沼不倫をかたくなに否定しているが、“道ならぬ恋”とは裏腹に、堅実に資産を運用しているようだ。

 公開している「資産等報告」によると、今井の資産総額は約1億円。それが、ナント沖縄県の「軍用地」なのだ。

 私有地を軍用地として国が借り上げるため、その土地を持っていれば、借地料が年に1回、国から入る。国が払うとなれば、未払いや滞納もなく、安心なため、軍用地の購入は資産運用の一つとして人気がある。

 今井の持っている土地を調べてみると、那覇基地に337平方メートル、嘉手納基地に815平方メートルといった具合だ。前者には約4800万円、後者には約5000万円の資産価値があり、年間借地料は計約250万円となる。国会議員の年平均所得は約2500万円。借地料と合わせて、年収は約3000万円に上る。

 恋は手堅くいかなかったのだろうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る