• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫騒動の神戸市議 政務活動費で今井絵理子氏の選挙応援

 税金の使い道としてはすでに「一線」を越えていたか。

 元「SPEED」の今井絵理子参院議員(33)との不倫が発覚。2人して「一線を越えていない」と言い張る橋本健神戸市議(37)が昨年6月、今井氏との対談を掲載した市政報告を2万部作成し、配布していた。橋本市議が所属する自民党市会議員団が政務活動費を調査して判明した。

 今井氏はこの市政報告が配布された直後の昨年夏の参院選比例区に自民党公認で立候補し、初当選した。

 同市議団は「税金で選挙応援をしたと誤解されかねない」として26日、2016年度の政務活動費の収支報告書を修正したうえで、印刷費や郵送代など約30万円を返還する手続きをしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事