日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲もびっくり…参院選出馬決めた今井絵理子の“身辺事情”

「所属事務所も出馬は寝耳に水だったようです」と芸能関係者は言っている。夏の参院選に自民党比例代表として立候補すると表明した今井絵理子(32)。本人は「政治を希望だと思っています」とし、初めてつくったという名刺を公開するなどヤル気だが、出馬の決意はつい最近で、周辺もビックリ仰天だったらしい。

「歌手活動について、『国会に支障がない限り続けたい』と言っていますが、どうでしょうか。今井は昨年、『SPEED』のメンバー、島袋寛子と結成した新ユニット『ERIHIRO』が開店休業中に近く、歌手活動そのものが危うい状態。本当なら『SPEED』を再始動させたいところだが、メンバーの新垣仁絵は事務所を辞めてしまったし、上原多香子は夫を亡くした傷心から休業していたしで、実現は遠い。島袋とライバル関係にあることは有名な話でしたから、ユニット結成時は『寛子と手を組まなければならないほど仕事がないのか』という声も上がっていました。そうしてみると、政治を『希望』というのは、今井の食いぶちとしての希望にも聞こえてきます」と、冒頭の関係者は言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事