NHKドラマ「植木等とのぼせもん」山本耕史に足りないもの

公開日:

 NHKが“二匹目のドジョウ”を狙って、2日からスタートさせた昭和の大物の実話ドラマ「植木等とのぼせもん」。評判はどうか。

 土曜20時台に放送して話題だった黒柳徹子を描いた「トットてれび」に続く第2弾。「トットてれび」は満島ひかり主演で黒柳をほうふつさせる演技が評価され、満島は今年の「ギャラクシー賞」個人賞も獲得したほど。「のぼせもん」は植木と付き人だった小松政夫の師弟愛がテーマ。植木を山本耕史(40)、小松を若手の志尊淳(22)が演じている。

 初回視聴率は「トット」の10.1%を上回る10.2%だったが、視聴者の中にはしっくりこないと感じた人も多かったのでは。要はキャスティングの問題だ。

「植木は実家がお寺で真面目な男だが、天才的なコメディアンでした。一方の山本は真面目な俳優だが、そのキャラのままコメディーを演じているだけで、大きなギャップがある。往年の植木の突き抜けたおかしさを知っているファンは乗りきれないものを感じたのではないか」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る