NHKドラマ「植木等とのぼせもん」山本耕史に足りないもの

公開日:

 NHKが“二匹目のドジョウ”を狙って、2日からスタートさせた昭和の大物の実話ドラマ「植木等とのぼせもん」。評判はどうか。

 土曜20時台に放送して話題だった黒柳徹子を描いた「トットてれび」に続く第2弾。「トットてれび」は満島ひかり主演で黒柳をほうふつさせる演技が評価され、満島は今年の「ギャラクシー賞」個人賞も獲得したほど。「のぼせもん」は植木と付き人だった小松政夫の師弟愛がテーマ。植木を山本耕史(40)、小松を若手の志尊淳(22)が演じている。

 初回視聴率は「トット」の10.1%を上回る10.2%だったが、視聴者の中にはしっくりこないと感じた人も多かったのでは。要はキャスティングの問題だ。

「植木は実家がお寺で真面目な男だが、天才的なコメディアンでした。一方の山本は真面目な俳優だが、そのキャラのままコメディーを演じているだけで、大きなギャップがある。往年の植木の突き抜けたおかしさを知っているファンは乗りきれないものを感じたのではないか」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る