• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKドラマ「植木等とのぼせもん」山本耕史に足りないもの

 NHKが“二匹目のドジョウ”を狙って、2日からスタートさせた昭和の大物の実話ドラマ「植木等とのぼせもん」。評判はどうか。

 土曜20時台に放送して話題だった黒柳徹子を描いた「トットてれび」に続く第2弾。「トットてれび」は満島ひかり主演で黒柳をほうふつさせる演技が評価され、満島は今年の「ギャラクシー賞」個人賞も獲得したほど。「のぼせもん」は植木と付き人だった小松政夫の師弟愛がテーマ。植木を山本耕史(40)、小松を若手の志尊淳(22)が演じている。

 初回視聴率は「トット」の10.1%を上回る10.2%だったが、視聴者の中にはしっくりこないと感じた人も多かったのでは。要はキャスティングの問題だ。

「植木は実家がお寺で真面目な男だが、天才的なコメディアンでした。一方の山本は真面目な俳優だが、そのキャラのままコメディーを演じているだけで、大きなギャップがある。往年の植木の突き抜けたおかしさを知っているファンは乗りきれないものを感じたのではないか」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る