井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<111>小池百合子の「二足のわらじ」は強欲以外の何物でもない

公開日: 更新日:

 ここまで政治も経済もグタグタにさせといて、解散だとなったら、どいつもこいつもが権力欲を剥き出しにし始めたぞ。隅におけない怪しい政治屋ばかりだ。そして、今まで牙を隠していた小池百合子都知事も「二足のわらじ」を履き出した。何を考えてやがるのか、その魂胆は見え見えだ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る