野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

「高倉を使うな」 東映を退社後は映画界を干されていた

公開日:
高倉健(C)共同通信社

 映画のなかでは怒りを腹にため、最後の最後まで決して表情に出さないのが高倉健だ。だが、現実の世界で、彼が怒った時、その怒りをどう表現するのだろうか。

 わたしは1995年に初めて高倉さんの取材をしてから、2012年の遺作「あなたへ」の現場で会うまで、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る