• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家庭教師先の親父が「鹿内信隆の女関係を探れ」と…

下重暁子氏(左)と故・鹿内信隆氏/(C)日刊ゲンダイ

 母親の意向に沿って3度目の正直で東大に合格するも、入学後は芝居と戯曲に没頭する日々。授業はほとんど受けていなかった倉本氏の就職活動はこれまた人並み外れていた。

碓井 倉本先生は昭和34(1959)年の春に就職するわけですよね。それこそ就職難の時代で…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事