• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「脚本家・倉本聰」ではなく渡の女房の石川俊子にしたら…

松田聖子、神田正輝の結婚式(1985年6月)で仲人を務めた渡夫妻(右が俊子夫人)/(C)日刊ゲンダイ

 制作サイドと見解の相違による喧嘩、のちに肺炎をこじらせて入院。自身初のNHK大河「勝海舟」(74年)を途中降板した倉本氏に突然、新たな作品のオファーが舞い込んだ。

碓井 東京の病院を退院して札幌に戻るとフジテレビの人が訪ねてきた。
<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る