華丸・大吉&近江アナ “タモリ印”で目指す最強コンビ超え

公開日: 更新日:

 NHK「あさイチ」の新キャスター会見が2日、番組放送後にNHKで行われ、博多華丸(47)・大吉(47)と近江友里恵アナ(29)が登場した。

 放送冒頭、大吉は「違和感でしかないでしょ。決して悪気があって出てるわけではないことだけ、ご了承いただきたい」と視聴者に挨拶したが、近江アナは「あっという間で楽しかった。緊張していたんでしょうか、終わったら足がつってました」と天然キャラぶりを発揮。

 番組の影響力について華丸は、地元九州ローカルの街歩き番組で「3月に(あさイチに)たった1回出演しただけで、地元のおばちゃんに『あさイチ見たばい~』と言われるんですから、影響力は大きい」とコメント。大吉も「僕たちが十数年続けてきた番組タイトルが、たった一日で消えちゃうんです」と語った。

 前任の有働由美子アナ(49)&井ノ原快彦(41)コンビの8年に対し、どのくらい続けたいかと問われると、近江アナは「以前タモリさんに聞いたら『まず3カ月、長くて半年かなという気持ちで始めたら』とおっしゃっていたので、まず3カ月。でも、気づいたら30年やっているかも」と回答。近江アナは福岡、熊本支局勤務を経験しており、華丸・大吉とはともに九州つながり。さらにタモリに可愛がられているという共通項がある。

「笑っていいとも!」MCを30年続けた“タモリ印″の3人なら有働&イノッチ超えも夢じゃない?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る