華丸・大吉&近江アナ “タモリ印”で目指す最強コンビ超え

公開日:

 NHK「あさイチ」の新キャスター会見が2日、番組放送後にNHKで行われ、博多華丸(47)・大吉(47)と近江友里恵アナ(29)が登場した。

 放送冒頭、大吉は「違和感でしかないでしょ。決して悪気があって出てるわけではないことだけ、ご了承いただきたい」と視聴者に挨拶したが、近江アナは「あっという間で楽しかった。緊張していたんでしょうか、終わったら足がつってました」と天然キャラぶりを発揮。

 番組の影響力について華丸は、地元九州ローカルの街歩き番組で「3月に(あさイチに)たった1回出演しただけで、地元のおばちゃんに『あさイチ見たばい~』と言われるんですから、影響力は大きい」とコメント。大吉も「僕たちが十数年続けてきた番組タイトルが、たった一日で消えちゃうんです」と語った。

 前任の有働由美子アナ(49)&井ノ原快彦(41)コンビの8年に対し、どのくらい続けたいかと問われると、近江アナは「以前タモリさんに聞いたら『まず3カ月、長くて半年かなという気持ちで始めたら』とおっしゃっていたので、まず3カ月。でも、気づいたら30年やっているかも」と回答。近江アナは福岡、熊本支局勤務を経験しており、華丸・大吉とはともに九州つながり。さらにタモリに可愛がられているという共通項がある。

「笑っていいとも!」MCを30年続けた“タモリ印″の3人なら有働&イノッチ超えも夢じゃない?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る