二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

本来はルール違反だが…隠し撮りが“有効手段”になるケース

公開日: 更新日:

 世間が最も関心を持つ対決騒動。政界でも後を絶たないなか、「福田淳一前財務事務次官VSテレ朝女性記者」のガチンコ対決が大きな関心を集めた。セクハラ問題に盗聴テープの公開。週刊誌に流した話まで飛び火して話題沸騰している。

 ICレコーダーで簡単に隠し録(ど)りが可能な時代とはいえ、本来は取材における盗聴はルール違反。会見など公式の取材はノートにメモを取るかテープを使うが、対面の取材でテープを録る場合は相手の許可を得るのが通例。問題は福田氏と記者のようなフランクな酒の席での場合。基本的には仕事関係の延長が前提だが、取材される人はメモやテープの前では言葉を選ぶが、2人だけの酒の席では油断して“オイシイ”話をこぼす。それを巧みに拾い上げるのが記者の習性。頭の中にメモし、数字など間違えやすいものはこっそりメモをする。

 テレ朝記者があえて隠し録りしたのは「言った。言わない」になるセクハラ発言を考慮。証拠保全に他ならない。それをテレ朝幹部は部下のセクハラ被害を反故にしていた。週刊誌報道で明るみに出て、行動に出たが後手に回った感は否めない。幹部は会見(写真)で週刊誌に話を流したことを「遺憾」と大真面目に言っていた。自分たちの対応を棚に上げた発言は滑稽にも見えた。内部から批判が出るのも当然のことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る