サイバー社は憤慨…テレ朝セクハラ会見「入場規制」の忖度

公開日: 更新日:

 財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ問題は、テレビ朝日の対応にも批判が高まっている。

 麻生太郎財務相の「(被害を受けた)本人が申し出てこなければ、どうしようもない」との傲慢発言を受け、先週の「報道ステーション」を通じて女性記者が被害を受けていたことを明らかにしたテレ朝だが、その直後の緊急会見では入場制限を行ったからだ。

 テレ朝は「記者会見には当社の方から、日頃から当社の定例会見にご出席いただいているラジオ・テレビ記者会と、財務省の記者クラブである財政研究会の所属社にご案内をさせていただいた」と説明するが、週刊誌などの雑誌メディアやネットニュースはもちろん、女性記者の告発記事を掲載した週刊新潮までも会見に参加できなかったのだから、何のための会見なのかという批判も当然だろう。しかも、会見を自局で生中継することもしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る