サイバー社は憤慨…テレ朝セクハラ会見「入場規制」の忖度

公開日:

 財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ問題は、テレビ朝日の対応にも批判が高まっている。

 麻生太郎財務相の「(被害を受けた)本人が申し出てこなければ、どうしようもない」との傲慢発言を受け、先週の「報道ステーション」を通じて女性記者が被害を受けていたことを明らかにしたテレ朝だが、その直後の緊急会見では入場制限を行ったからだ。

 テレ朝は「記者会見には当社の方から、日頃から当社の定例会見にご出席いただいているラジオ・テレビ記者会と、財務省の記者クラブである財政研究会の所属社にご案内をさせていただいた」と説明するが、週刊誌などの雑誌メディアやネットニュースはもちろん、女性記者の告発記事を掲載した週刊新潮までも会見に参加できなかったのだから、何のための会見なのかという批判も当然だろう。しかも、会見を自局で生中継することもしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る