• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“女装”は高評価も…松岡昌宏の“男気”はTOKIOを救えるか

 山口達也(46)の契約解除でメンバー4人になったTOKIO。いばらの道は続くが、5月2日の4人の緊急会見で最も存在感を放った松岡昌宏(41)の評価は、うなぎ上りだ。

「個人的な意見ですが、(山口の)甘えの根源がTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいい」

 会見で激しい形相でそう語った松岡の“男気コメント”も「あいつらしい」ともっぱら。

「松岡は昔から、あまたいるジャニーズのタレントの中でも、ちょっと変わった雰囲気がありました。記者に対する気配りや、ストレートな物言いなど、記者の間での好感度は抜群でしたね」(テレビ誌ライター)

 男を上げた松岡が現在主演中のドラマ「家政夫のミタゾノ」第2シーズン(テレビ朝日=金曜夜11時15分)の評価も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る