“女装”は高評価も…松岡昌宏の“男気”はTOKIOを救えるか

公開日:  更新日:

 山口達也(46)の契約解除でメンバー4人になったTOKIO。いばらの道は続くが、5月2日の4人の緊急会見で最も存在感を放った松岡昌宏(41)の評価は、うなぎ上りだ。

「個人的な意見ですが、(山口の)甘えの根源がTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいい」

 会見で激しい形相でそう語った松岡の“男気コメント”も「あいつらしい」ともっぱら。

「松岡は昔から、あまたいるジャニーズのタレントの中でも、ちょっと変わった雰囲気がありました。記者に対する気配りや、ストレートな物言いなど、記者の間での好感度は抜群でしたね」(テレビ誌ライター)

 男を上げた松岡が現在主演中のドラマ「家政夫のミタゾノ」第2シーズン(テレビ朝日=金曜夜11時15分)の評価も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る