“女装”は高評価も…松岡昌宏の“男気”はTOKIOを救えるか

公開日: 更新日:

 山口達也(46)の契約解除でメンバー4人になったTOKIO。いばらの道は続くが、5月2日の4人の緊急会見で最も存在感を放った松岡昌宏(41)の評価は、うなぎ上りだ。

「個人的な意見ですが、(山口の)甘えの根源がTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいい」

 会見で激しい形相でそう語った松岡の“男気コメント”も「あいつらしい」ともっぱら。

「松岡は昔から、あまたいるジャニーズのタレントの中でも、ちょっと変わった雰囲気がありました。記者に対する気配りや、ストレートな物言いなど、記者の間での好感度は抜群でしたね」(テレビ誌ライター)

 男を上げた松岡が現在主演中のドラマ「家政夫のミタゾノ」第2シーズン(テレビ朝日=金曜夜11時15分)の評価も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る