山口ネタを長時間…国分「ビビット」驚異の視聴率の皮肉

公開日: 更新日:

 情報番組やワイドショーは連日、TOKIO山口事件報道で大騒ぎである。そのフロントランナーといえるのが、同グループメンバーの国分太一(43)が司会を務める「ビビット」(TBS系、平日8時~)だ。

 事件が発覚した翌日(4月26日)の放送回では視聴率4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。瞬間最高視聴率に至っては9.3%(同)をたたき出した。15年春にスタートした前身の「白熱ライブ ビビット」から2~3%台の超低空飛行を続けていただけに、驚くような結果である。

 もちろん、TOKIOのメンバーである国分自身が語る言葉の重みは他番組にはないウリといえるが、もうひとつの勝因は尺の長さだ。山口をのぞくメンバー4人が会見を開いた翌日(3日)には番組放送時間1時間54分のうち、1時間半以上を山口ネタにあてる力の入れよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る