• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口ネタを長時間…国分「ビビット」驚異の視聴率の皮肉

 情報番組やワイドショーは連日、TOKIO山口事件報道で大騒ぎである。そのフロントランナーといえるのが、同グループメンバーの国分太一(43)が司会を務める「ビビット」(TBS系、平日8時~)だ。

 事件が発覚した翌日(4月26日)の放送回では視聴率4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。瞬間最高視聴率に至っては9.3%(同)をたたき出した。15年春にスタートした前身の「白熱ライブ ビビット」から2~3%台の超低空飛行を続けていただけに、驚くような結果である。

 もちろん、TOKIOのメンバーである国分自身が語る言葉の重みは他番組にはないウリといえるが、もうひとつの勝因は尺の長さだ。山口をのぞくメンバー4人が会見を開いた翌日(3日)には番組放送時間1時間54分のうち、1時間半以上を山口ネタにあてる力の入れよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る