辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

公開日:  更新日:

「騒動の沈静化ですよ」と、ジャニーズ事情に詳しい芸能関係者は言った。

 女子高生への強制わいせつ騒動で書類送検(結果は起訴猶予)されたTOKIO山口達也(46)。所属するジャニーズ事務所との契約は解除。山口は「自分が身を引かなければ、TOKIOの存続が危うくなってしまう」とし、リーダーの城島茂(47)の預かりとなっていた辞表のほか、直接ジャニー喜多川社長に退所を申し出てけじめをつけたという。

 だが、冒頭の芸能関係者の見方は違う。

「TOKIOは次期社長である藤島ジュリー景子副社長の肝いりで、バリューが他のグループとは違う。それで、過去に不祥事を起こしたタレントたちのように即解雇とはならなかった。しかし、無期限謹慎処分にしても騒動は沈静化しないどころか、コントロール下にあるとみていたマスコミも批判的な報道が止まらず、もう切るしかないとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る