辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

公開日:  更新日:

「騒動の沈静化ですよ」と、ジャニーズ事情に詳しい芸能関係者は言った。

 女子高生への強制わいせつ騒動で書類送検(結果は起訴猶予)されたTOKIO山口達也(46)。所属するジャニーズ事務所との契約は解除。山口は「自分が身を引かなければ、TOKIOの存続が危うくなってしまう」とし、リーダーの城島茂(47)の預かりとなっていた辞表のほか、直接ジャニー喜多川社長に退所を申し出てけじめをつけたという。

 だが、冒頭の芸能関係者の見方は違う。

「TOKIOは次期社長である藤島ジュリー景子副社長の肝いりで、バリューが他のグループとは違う。それで、過去に不祥事を起こしたタレントたちのように即解雇とはならなかった。しかし、無期限謹慎処分にしても騒動は沈静化しないどころか、コントロール下にあるとみていたマスコミも批判的な報道が止まらず、もう切るしかないとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る