ギャラクシー賞を引き立てた 久米宏&小宮悦子の名コンビ

公開日: 更新日:

 1年間に放送された優れた番組、個人などを表彰する「第55回ギャラクシー賞贈賞式」(主催・放送批評懇談会)が5月31日に行われた。

 テレビ部門、報道活動部門、ラジオ部門、CM部門の各部門の授賞とともに、個人が表彰されたが、55回のメモリアルとあって各界の大物クラスが受賞。ギャラクシー55周年記念賞は脚本家の倉本聰、志賀信夫賞(故人、放送評論家)は弁護士でBPO委員長だった川端和治、マイベストTV賞第12回グランプリはドラマ「陸王」が受賞、フロンティア賞はAbemaTV、特別賞はバカリズム、個人賞は高橋一生が受賞した。

 倉本の受賞の際には風吹ジュン、清野菜名が祝福に駆け付け、「陸王」はプロデューサーの伊與田英徳、役所広司が登壇し、72時間ホンネテレビが評価されたフロンティア賞にはサイバーエージェントの藤田晋社長と香取慎吾が登壇し、メモリアルにふさわしい豪華なメンバーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る