ギャラクシー賞を引き立てた 久米宏&小宮悦子の名コンビ

公開日:

 1年間に放送された優れた番組、個人などを表彰する「第55回ギャラクシー賞贈賞式」(主催・放送批評懇談会)が5月31日に行われた。

 テレビ部門、報道活動部門、ラジオ部門、CM部門の各部門の授賞とともに、個人が表彰されたが、55回のメモリアルとあって各界の大物クラスが受賞。ギャラクシー55周年記念賞は脚本家の倉本聰、志賀信夫賞(故人、放送評論家)は弁護士でBPO委員長だった川端和治、マイベストTV賞第12回グランプリはドラマ「陸王」が受賞、フロンティア賞はAbemaTV、特別賞はバカリズム、個人賞は高橋一生が受賞した。

 倉本の受賞の際には風吹ジュン、清野菜名が祝福に駆け付け、「陸王」はプロデューサーの伊與田英徳、役所広司が登壇し、72時間ホンネテレビが評価されたフロンティア賞にはサイバーエージェントの藤田晋社長と香取慎吾が登壇し、メモリアルにふさわしい豪華なメンバーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る