ギャラクシー賞を引き立てた 久米宏&小宮悦子の名コンビ

公開日: 更新日:

 1年間に放送された優れた番組、個人などを表彰する「第55回ギャラクシー賞贈賞式」(主催・放送批評懇談会)が5月31日に行われた。

 テレビ部門、報道活動部門、ラジオ部門、CM部門の各部門の授賞とともに、個人が表彰されたが、55回のメモリアルとあって各界の大物クラスが受賞。ギャラクシー55周年記念賞は脚本家の倉本聰、志賀信夫賞(故人、放送評論家)は弁護士でBPO委員長だった川端和治、マイベストTV賞第12回グランプリはドラマ「陸王」が受賞、フロンティア賞はAbemaTV、特別賞はバカリズム、個人賞は高橋一生が受賞した。

 倉本の受賞の際には風吹ジュン、清野菜名が祝福に駆け付け、「陸王」はプロデューサーの伊與田英徳、役所広司が登壇し、72時間ホンネテレビが評価されたフロンティア賞にはサイバーエージェントの藤田晋社長と香取慎吾が登壇し、メモリアルにふさわしい豪華なメンバーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る