安室奈美恵vsコウキ ファッション誌“ガチンコ勝負”の行方

公開日:

 芸能界を引退する者と、これから羽ばたこうとする者――。そんな対照的な2人の女性が競合誌の表紙モデルを務め、書店の棚で静かに火花を散らしている。

 来月16日に25年間の歌手活動に終止符を打つ安室奈美恵(40)と、5月下旬にモデルデビューを果たしたKoki,(コウキ=15)。いずれも28日発売の女性ファッション誌(10月号)で、安室は「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)、コウキは「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)の“顔”を担っている。しかも、赤文字にモノクロ写真を使用したソックリのデザインで、一歩も譲らないガチンコ勝負なのだ。

 ヴォーグ誌では日本人女性アーティスト初の表紙モデル起用という箔付きで登場した安室。引退ツアーを振り返るインタビューを含む全8ページにわたる特集と、ポスターがとじ込まれている。全ページにわたって安室が身に付けているのは、高級ブランド「サンローラン」の18年秋冬コレクション。〈ディーバの決意。〉と題された見開きでは、119万円のケープを含む総額320万円の召し物でキメている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る