シャネルも認めた? キムタク次女コウキのインスタ発信力

公開日:

 インスタクイーンとして飛ぶ鳥を落とす勢いといえば、モデルのコウキである。木村拓哉と工藤静香夫婦の次女という“十四光”もあって、フォロワー数はインスタグラム開設から2カ月ほどで100万人。この数字は浜崎あゆみや黒柳徹子のそれを上回るものであり、世間から注目を浴びている人物であるのはよく分かる。

 更新すれば〈いいね!〉の嵐で、インフルエンサーとしての手腕は証明済み。29日は〈My favorite lipstick and sunglasses〉というコメントとともに3枚の写真をアップすると、14万4000件超(30日夕現在)のいいねをゲットしているのだ。

 しかも、「コウキさんが手にしている口紅はシャネルのもので、時計もシャネル。おそらく黒のシースルーのブラウスもシャネルで秋冬の新作です。彼女は7月初旬、パリで行われた同ブランドの秋冬オートクチュールコレクションに招待され、ショーを見学。クリエーティブディレクターのカール・ラガーフェルド氏とも会っていることから、インスタの投稿までひっくるめて“Cのお仕事”とも推測できる。つまり、提供する商品を使ってもらうブランド宣伝の一貫にもみえますね」(ファッション関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る