“勝ち組”は中澤、辻、藤本…「モーニング娘。」たちの明暗

公開日:

 安倍なつみ(37)も今年5月、「ベストマザー賞」を受賞した際、夫で俳優の山崎育三郎との間に第2子を妊娠し今秋出産予定だと報告。グループ卒業後も歌手や女優を続けており、公私ともに幸せいっぱいのようだ。

■人生の辛酸をなめたゴマキ、矢口、加護…

 一方で、人生の辛酸をなめたであろう元メンバーたちもいる。後藤真希(32)は実弟の逮捕、母親の死を経験し、2011年に活動休止を発表。矢口真里(35)はバラエティー番組で人気だったが、13年の不倫スキャンダルで活動休止に追い込まれた。加護亜依(30)も不倫スキャンダルのうえ、DV被害が報じられるなどしていた。彼女たちは今どうしているのだろうか。 

「後藤は14年に活動を再開させて以降は持ち直し、モデルやタレントで頑張っています。後藤が『ご飯のお供』として、テレビで紹介した総菜が大ヒットし、メーカーがうれしい悲鳴を上げているそうですから、人気も健在。活動再開と同時期に結婚した一般男性との間に2人の子供がいて、ママタレとして、今後またブレークしていく可能性を言う関係者もいます。矢口はスキャンダルによる仕事の違約金などを数千万円抱えていましたけれど、不屈の営業精神で持ち直してきている。不倫相手だった相手ともこのほど再婚し、幸せというのも大きいでしょう。加護もこの夏、中野サンプラザであったハロプロのコンサートに12年ぶりに出演し、ファンの声援に笑顔で応えていました」(前出の担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る