「駅 STATION」高倉健と3人の女が織りなす別れのドラマ

公開日: 更新日:

1981年 降旗康男監督

 結末を知っていても感動できる映画がある。本作もそうした一本。倉本聰が高倉健の50歳の記念として脚本を書いた。1968~80年の12年間の物語だ。

 北海道警の刑事・三上(高倉健)は射撃の五輪選手。過ちを犯した妻直子(いしだあゆみ)と離婚して駅で見送る。まもなく同僚刑事が連続殺人犯に射殺され、犯人は行方をくらます。

 76年夏。増毛駅近くで若い女性の通り魔事件が起きた。三上は応援に加わり、食堂で働くすず子(烏丸せつこ)の兄・五郎(根津甚八)を犯人とにらんで捜査を開始。すず子は「トロい」「ちょっと足りない」といわれる女の子。このすず子を妊娠させた不良・雪夫(宇崎竜童)の協力で警察は五郎を逮捕する。

 79年冬。増毛に宿泊した三上は桐子(倍賞千恵子)の居酒屋に立ち寄り、大晦日の夜、初詣の神社で桐子は一人の男を見つめるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る