「駅 STATION」高倉健と3人の女が織りなす別れのドラマ

公開日: 更新日:

1981年 降旗康男監督

 結末を知っていても感動できる映画がある。本作もそうした一本。倉本聰が高倉健の50歳の記念として脚本を書いた。1968~80年の12年間の物語だ。

 北海道警の刑事・三上(高倉健)は射撃の五輪選手。過ちを犯した妻直子(いしだあゆみ)と離婚して駅で見送る。まもなく同僚刑事が連続殺人犯に射殺され、犯人は行方をくらます。

 76年夏。増毛駅近くで若い女性の通り魔事件が起きた。三上は応援に加わり、食堂で働くすず子(烏丸せつこ)の兄・五郎(根津甚八)を犯人とにらんで捜査を開始。すず子は「トロい」「ちょっと足りない」といわれる女の子。このすず子を妊娠させた不良・雪夫(宇崎竜童)の協力で警察は五郎を逮捕する。

 79年冬。増毛に宿泊した三上は桐子(倍賞千恵子)の居酒屋に立ち寄り、大晦日の夜、初詣の神社で桐子は一人の男を見つめるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る