「駅 STATION」高倉健と3人の女が織りなす別れのドラマ

公開日:

1981年 降旗康男監督

 結末を知っていても感動できる映画がある。本作もそうした一本。倉本聰が高倉健の50歳の記念として脚本を書いた。1968~80年の12年間の物語だ。

 北海道警の刑事・三上(高倉健)は射撃の五輪選手。過ちを犯した妻直子(いしだあゆみ)と離婚して駅で見送る。まもなく同僚刑事が連続殺人犯に射殺され、犯人は行方をくらます。

 76年夏。増毛駅近くで若い女性の通り魔事件が起きた。三上は応援に加わり、食堂で働くすず子(烏丸せつこ)の兄・五郎(根津甚八)を犯人とにらんで捜査を開始。すず子は「トロい」「ちょっと足りない」といわれる女の子。このすず子を妊娠させた不良・雪夫(宇崎竜童)の協力で警察は五郎を逮捕する。

 79年冬。増毛に宿泊した三上は桐子(倍賞千恵子)の居酒屋に立ち寄り、大晦日の夜、初詣の神社で桐子は一人の男を見つめるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る