「歩いても歩いても」 希代の名脇役が演じる母の“心の闇”

公開日: 更新日:

2008年 是枝裕和監督

 樹木希林が亡くなった。数々の作品で名演技を残した人だった。本作もそうした一本だ。

 お盆が過ぎた夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻ゆかり(夏川結衣)とその連れ子とともに実家に帰省する。家では医者の父親(原田芳雄)と母のとし子(樹木)が待っている。姉のちなみ(YOU)も夫と2人の子供を連れて帰省していた。ちなみは実家を2世帯住宅に改築して住みたいと言うが、とし子は乗り気でない。

 良多は絵画修復の仕事をしているというものの実は失業中。父と折り合いが悪く、口をきこうとしない。とし子はみんなを手料理でもてなす。家族が集まったのは良多の兄・純平の命日だから。15年前、純平は海で溺れている子を助けて死亡したのだった……。

 命日に集まった家族の2日間を淡々と描く。それだけの物語だが、兄の死や良多が前夫と死に別れた女性を妻にしたことなど、家族の事情が少しずつ解き明かされる。ミステリーのような感触を漂わせ、しかも思惑や反発心、憎悪などで人物造形をしっかり固めているため、つい見入ってしまう。登場人物の言葉の端々に現れる本音は脚本家を目指す人の参考になるだろう。見終わって思うのは一度亀裂が生じた親子関係は容易に修復できないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る