「狼よさらば」平和主義者の中に眠る“狩猟本能”が目覚める

公開日: 更新日:

1974年 マイケル・ウィナー監督

「丹頂チック」という整髪料がある。ポマードを押し出して髪に塗るもので、筆者の父はこれを使っていつも頭がベトベトだった。1971年、発売元の「丹頂」が突然「マンダム」に社名を変えた。新発売のマンダムシリーズのCMにチャールズ・ブロンソンを起用してバカ売れしたからだ。当時は老いも若きも「う~ん、マンダム」と言って悦に入った。そのブロンソンが復讐に燃える男を演じたのが本作。来月、BDが発売される。

 NYで愛妻と暮らす設計士カージー(ブロンソン)を不幸が襲った。強盗の襲撃で妻が殺害、娘がレイプされたのだ。悲嘆のカージーはアリゾナ州に出張。久しぶりに射撃をやり顧客から32口径の拳銃を贈られた彼は、夜の街で次々と強盗を射殺するのだった。

 人間の本能を描いたドラマだ。カージーは人殺しが嫌で朝鮮戦争では医療部隊に所属した。そんな平和主義者が自警団を意識して殺人を始める。人間心理の変化を丁寧に描いているため骨太のドラマとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る