「狼よさらば」平和主義者の中に眠る“狩猟本能”が目覚める

公開日: 更新日:

1974年 マイケル・ウィナー監督

「丹頂チック」という整髪料がある。ポマードを押し出して髪に塗るもので、筆者の父はこれを使っていつも頭がベトベトだった。1971年、発売元の「丹頂」が突然「マンダム」に社名を変えた。新発売のマンダムシリーズのCMにチャールズ・ブロンソンを起用してバカ売れしたからだ。当時は老いも若きも「う~ん、マンダム」と言って悦に入った。そのブロンソンが復讐に燃える男を演じたのが本作。来月、BDが発売される。

 NYで愛妻と暮らす設計士カージー(ブロンソン)を不幸が襲った。強盗の襲撃で妻が殺害、娘がレイプされたのだ。悲嘆のカージーはアリゾナ州に出張。久しぶりに射撃をやり顧客から32口径の拳銃を贈られた彼は、夜の街で次々と強盗を射殺するのだった。

 人間の本能を描いたドラマだ。カージーは人殺しが嫌で朝鮮戦争では医療部隊に所属した。そんな平和主義者が自警団を意識して殺人を始める。人間心理の変化を丁寧に描いているため骨太のドラマとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る