ミス美しい20代川瀬莉子に聞いた 目標はあの“永遠の妖精”

公開日: 更新日:

「目標はオードリー・ヘプバーンさんです。今でもたくさんの方に愛されてますよね。私も自分らしいすてきな女優になりたいです」

 真っすぐな瞳で答えたのは、昨年9月にオスカープロモーション主催の「第2回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリに輝いた愛知県出身の川瀬莉子(21)。

「短大卒業後、地元の名古屋でモデルをしてましたが、本格的に女優に挑戦したいと思って応募しました。受賞したときは自分でもビックリで手の震えが止まりませんでした。両親に話したときも驚かれました(笑い)」

 子どもの頃は、どちらかといえばおとなしい性格で決して前に出るタイプではなかった。しかし女優への憧れが徐々に芽生え、小学校の卒業式では「将来の夢は女優です」と堂々スピーチ。少女が芸能界を目指す人気漫画「スキップ・ビート!」が好きだったという。受賞後に上京。ちなみに好きなタイプの男性は?

「怒らない人。自分が優柔不断なほうなので、優しくリードしてくれる人がいいです(笑い)」

 2019年、女優への階段を上り始めたフレッシュ美女に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る