一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

公開日: 更新日:

「金儲けが大事、みたいな風潮が強くなってきた10年くらい前に、お金がないからこそやれたことがあった、と知ってほしいと思い、書き始めました。メンバー7人中5人は俳優になっているけど交流はないので、本を出したことを一人一人の事務所に手紙を書いて知らせました。『読みながら泣いた』ってインスタグラムにあげてくれたりしてうれしかったです」

■再結成の話は何度かあったけど・・・

 さて、東京・千駄木出身の春海さんは高校時代、先生の影響で演劇に憧れ、早稲田大学進学後に舞台で活動を始めた。83年、ダンススタジオの先輩に紹介された路上パフォーマンス集団“劇男一世風靡”に飛び込み、翌年“一世風靡セピア”のメンバーとして歌手デビュー。人気を博した。

「再結成の話はこれまで何度かあったけど、いつも誰かの都合が合わなくて、本格的な再結成は一度もないですね」

 夫人との間にもうけた長男・長女は25歳と23歳で、2人とも会社員だ。

「反面教師になっちゃったのかなぁ、ハハハ。最近は、お気に入りのドラマにボクが出ていると、『なんでお父さんが出るの』と文句を言われちゃいます」

(取材・文=中野裕子)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい