二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

嵐・大野 「自由な生活」の伏線になった2015年の熱愛報道

公開日: 更新日:

「一度何事にも縛られず、自由な生活をしてみたかった」

 来年いっぱいで活動休止を発表した嵐。リーダーの大野智(38)の言葉は偽りのない本音だろう。かつて、「普通の女の子に戻りたい」と解散、休業したキャンディーズとかぶる。俳優でも歌手でもない特異なジャンルとして確立されているアイドル。人気と比例するようにリスクとして個人としての自由が制限される。仕事を離れ私人になっても世間の見る目はアイドルの大野。友達と飲みに行くのも、デートするのも制限される。

 象徴的なことがあった。2015年、大野はモデルとの熱愛を写真誌で報道された。後日、大野は担当記者の前で謝罪。破局を伝えた。30歳過ぎた男に恋人がいて普通。それを恋愛発覚で謝罪。させられるというほうが正しいだろう。この一件が「自由な生活」の伏線になったかもしれない。私生活を犠牲にしてアイドル人気は保てる。恋人がいれば、「応援しない」「別れて」といったプラカードまでコンサート会場に掲げられる。大野だけでなくグループ人気にも影響を与える。人気と仕事を得るための最大のリスクが恋愛を含めた私生活の犠牲。そこを乗り越えれば、やがて大人の女性から男性にまで「嵐、いいね」と人気の輪は広がり、国民的なアイドルに成長していく。こうして頂点を極めたのが嵐だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る