クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

トレイン・ミッション(2018年、米、英、仏)

公開日: 更新日:

 還暦オヤジのマイケルは突然、会社にリストラされる。住宅ローンの返済や息子の教育費を抱えて途方に暮れたままいつもの電車で帰路に就くと、車内で謎の美女から怪しい依頼を持ちかけられる。報酬は10万ドル。オイシイ話は、恐るべき陰謀の渦中に叩き落とされる幕開けだった。

「バルカン超特急」や「大陸横断超特急」など電車を舞台にしたミステリーサスペンスは名作揃い。本作は、庶民的な通勤電車をモチーフにしてる点が興味深い。

 セリフは劇中マイケルが口にしたデュマの小説の一節。

 この言葉通り、黒幕に妻子を人質にとられて孤立無援の冴えないオヤジは、悪戦苦闘しながら前進する。

 中高年を演じたらピカイチのリーアム・ニーソンの演技がとにかく渋い。

「96時間」シリーズでも体当たりの演技を披露したように、サラリーマンの悲哀を漂わせながらハラハラのアクションを展開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る