クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

トレイン・ミッション(2018年、米、英、仏)

公開日: 更新日:

 還暦オヤジのマイケルは突然、会社にリストラされる。住宅ローンの返済や息子の教育費を抱えて途方に暮れたままいつもの電車で帰路に就くと、車内で謎の美女から怪しい依頼を持ちかけられる。報酬は10万ドル。オイシイ話は、恐るべき陰謀の渦中に叩き落とされる幕開けだった。

「バルカン超特急」や「大陸横断超特急」など電車を舞台にしたミステリーサスペンスは名作揃い。本作は、庶民的な通勤電車をモチーフにしてる点が興味深い。

 セリフは劇中マイケルが口にしたデュマの小説の一節。

 この言葉通り、黒幕に妻子を人質にとられて孤立無援の冴えないオヤジは、悪戦苦闘しながら前進する。

 中高年を演じたらピカイチのリーアム・ニーソンの演技がとにかく渋い。

「96時間」シリーズでも体当たりの演技を披露したように、サラリーマンの悲哀を漂わせながらハラハラのアクションを展開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る