クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

セブン・サイコパス(2012年、英国)

公開日: 更新日:

 雑談していたマフィアの子分2人が突然、背後から銃殺され……。危険なシーンで始まるクライムコメディーは、タイトル通りのサイコパスの連中が複雑に絡む。

 締め切りに追われたアル中の映画脚本家マーティを助けようと、友人で役者のビリーは新聞に「サイコパス募集」の広告を出す。それが、新作「セブン・サイコパス」の脚本作りのサポートだったりする。

 ビリーの知人の老人ハンスは犬泥棒で、飼い主が困っているのを見計らって犬を届け、謝礼のカネをもらって稼ぐ。ある時、盗んだ犬がマフィアのボスの愛犬で、マーティたちも騒動に巻き込まれるハメに。マフィアに妻を殺されたハンスが逃亡する車中でボソッと呟いた言葉だ。

 ドタバタ系のコメディーではなく、人間の内なる葛藤や苦悩、社会へのストレスをサイコパスという形式で浮き彫りにする。とっぴなキャラクター設定と殺人をいとわない大胆な行動表現が、見る人の笑いを乾いた笑いに変換するのは、好き嫌いが分かれるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  10. 10

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る