クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

セブン・サイコパス(2012年、英国)

公開日: 更新日:

 雑談していたマフィアの子分2人が突然、背後から銃殺され……。危険なシーンで始まるクライムコメディーは、タイトル通りのサイコパスの連中が複雑に絡む。

 締め切りに追われたアル中の映画脚本家マーティを助けようと、友人で役者のビリーは新聞に「サイコパス募集」の広告を出す。それが、新作「セブン・サイコパス」の脚本作りのサポートだったりする。

 ビリーの知人の老人ハンスは犬泥棒で、飼い主が困っているのを見計らって犬を届け、謝礼のカネをもらって稼ぐ。ある時、盗んだ犬がマフィアのボスの愛犬で、マーティたちも騒動に巻き込まれるハメに。マフィアに妻を殺されたハンスが逃亡する車中でボソッと呟いた言葉だ。

 ドタバタ系のコメディーではなく、人間の内なる葛藤や苦悩、社会へのストレスをサイコパスという形式で浮き彫りにする。とっぴなキャラクター設定と殺人をいとわない大胆な行動表現が、見る人の笑いを乾いた笑いに変換するのは、好き嫌いが分かれるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る