クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

アンカーウーマン(1996年、米国)

公開日: 更新日:

 田舎娘タリーは、TVニュース番組のアンカーを夢見てマイアミへ。採用されたローカル局で、上司ウォーレンの雑用係として働く。そんな2人が成長していく過程を描く。

 ラブストーリーだが、実話をベースにしているせいか、ベタベタ感がない。ロバート・レッドフォード演じる元トップアンカーのウォーレンは、キザでも頑固でもなく、いつも自然体でカッコいい。公開当時、クールビューティーだったミシェル・ファイファーはタリー役で、コケティッシュな魅力を前面に出す。

 そんな2人はやがて恋に落ち、上司は「キミの夢を奪うような男に、俺はならない」と部下をサポート。その影響で女性部下は都会的な美人へと磨かれていき、上司は仕事のモチベーションを上げる。多忙な彼を気遣った彼女の言葉に返した言葉がコレだ。

 劇中流れるセリーヌ・ディオンのヒット曲「ビコーズ・ユー・ラブド・ミー」が物語をさらに盛り上げ、心地良い気分に浸れる。女は男で変わり、男は女で若返ることをポップに軽く表現している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る