「志村魂」開幕 志村けんが“バカ殿姿”で吉本騒動をチクリ

公開日: 更新日:

 タレントの志村けん(69)が大阪・新歌舞伎座で24日、今年で14年目を迎える舞台「志村魂」の会見と公開稽古を行った。「志村魂」は、志村が50代になったころから「生の舞台をやりたい」と熱望しスタートさせた渾身(こんしん)の舞台。大阪公演は4年目だが、「大阪のお客さんは、温かいので大好きですね」と満足げだ。

 会見では闇営業問題で会見した宮迫博之田村亮についても問われ、「僕らの商売は、笑わせてナンボの商売なんで。それを泣かしちゃダメでしょう。うれし泣きだったらいいですけどね。ああいう泣き顔は見たくないですね。かわいそうですよね」とバカ殿メークのまま、真面目な口調で答えた。

 舞台は、第1幕でバカ殿様、コントライブ、第2幕で三味線、松竹新喜劇の芝居と、3時間半に及ぶ盛りだくさんの内容。さらに今年は、バカ殿のネタやコントライブのラインアップで随所に新ネタが入っている。「今年はすごいですよ。トニー賞を狙えますね!」とダチョウ倶楽部の肥後克広(56)も胸を張った。初出演となるゲストの森尾由美(53)は「ずーっと緊張してます。千秋楽まで続いちゃうかも」と話した。長丁場となるが、体調管理は大丈夫かと問われた志村は「毎日お酒を飲んでいるのでバッチリです」と言って笑わせた。

舞台「志村魂2019」大阪(新歌舞伎座/~28日)、東京(明治座/8月2~12日)、名古屋(御園座/8月17~20日)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る