「志村魂」開幕 志村けんが“バカ殿姿”で吉本騒動をチクリ

公開日: 更新日:

 タレントの志村けん(69)が大阪・新歌舞伎座で24日、今年で14年目を迎える舞台「志村魂」の会見と公開稽古を行った。「志村魂」は、志村が50代になったころから「生の舞台をやりたい」と熱望しスタートさせた渾身(こんしん)の舞台。大阪公演は4年目だが、「大阪のお客さんは、温かいので大好きですね」と満足げだ。

 会見では闇営業問題で会見した宮迫博之や田村亮についても問われ、「僕らの商売は、笑わせてナンボの商売なんで。それを泣かしちゃダメでしょう。うれし泣きだったらいいですけどね。ああいう泣き顔は見たくないですね。かわいそうですよね」とバカ殿メークのまま、真面目な口調で答えた。

 舞台は、第1幕でバカ殿様、コントライブ、第2幕で三味線、松竹新喜劇の芝居と、3時間半に及ぶ盛りだくさんの内容。さらに今年は、バカ殿のネタやコントライブのラインアップで随所に新ネタが入っている。「今年はすごいですよ。トニー賞を狙えますね!」とダチョウ倶楽部の肥後克広(56)も胸を張った。初出演となるゲストの森尾由美(53)は「ずーっと緊張してます。千秋楽まで続いちゃうかも」と話した。長丁場となるが、体調管理は大丈夫かと問われた志村は「毎日お酒を飲んでいるのでバッチリです」と言って笑わせた。

舞台「志村魂2019」大阪(新歌舞伎座/~28日)、東京(明治座/8月2~12日)、名古屋(御園座/8月17~20日)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る