“紳助参戦”で混沌「吉本ドタバタ劇場」裏に絡み合う皮算用

公開日: 更新日:

 芸能界を引退している吉本興業OBの島田紳助氏(63)の参戦で事態は更に混沌としてきた。

 お笑い芸人の闇営業問題は、トップ芸人であるダウンタウンの松本人志(55)が収束に向けて動いたことで吉本の岡本昭彦社長(53)の記者会見が実現。しかしながら、グダグダ会見に呆れる世論に便乗して所属タレントがギャラなどの処遇をめぐる不平不満を爆発させる事態に。不甲斐ない経営陣VS所属タレントのバトルに発展している。

 芸能マスコミもワイドショーも連日、このお家騒動を放送。

 大崎洋会長(65)に経営刷新を直談判した極楽とんぼの加藤浩次(50)の動向を追いかけているが、「話がおかしな方向にいってしまっている」と落語家の立川志らく(55)はテレビでこう喝破した。

「よくよく考えると、宮迫(博之=49)さんが嘘をついたのが発端。それが吉本興業のお家騒動になり、世間も吉本バッシングにいっている。吉本興業を擁護するつもりはないけど、執拗に世間が吉本を叩く必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る