“紳助参戦”で混沌「吉本ドタバタ劇場」裏に絡み合う皮算用

公開日: 更新日:

 芸能界を引退している吉本興業OBの島田紳助氏(63)の参戦で事態は更に混沌としてきた。

 お笑い芸人の闇営業問題は、トップ芸人であるダウンタウン松本人志(55)が収束に向けて動いたことで吉本の岡本昭彦社長(53)の記者会見が実現。しかしながら、グダグダ会見に呆れる世論に便乗して所属タレントがギャラなどの処遇をめぐる不平不満を爆発させる事態に。不甲斐ない経営陣VS所属タレントのバトルに発展している。

 芸能マスコミもワイドショーも連日、このお家騒動を放送。

 大崎洋会長(65)に経営刷新を直談判した極楽とんぼの加藤浩次(50)の動向を追いかけているが、「話がおかしな方向にいってしまっている」と落語家の立川志らく(55)はテレビでこう喝破した。

「よくよく考えると、宮迫(博之=49)さんが嘘をついたのが発端。それが吉本興業のお家騒動になり、世間も吉本バッシングにいっている。吉本興業を擁護するつもりはないけど、執拗に世間が吉本を叩く必要はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  9. 9

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る